韓国のホワイト国除外問題について

こんにちは。

行政書士の竹内です。

第二回目のブログも前回に引き続き韓国のホワイト国除外の問題について下記たいと思います。

このブログは2019年8月2日に書いておりますが、この一週間で韓国のホワイト国除外について様々な出来事があったと思います。韓国の代表団が日本を訪問したり、アメリカが調整に入ったりしましたが、本日、韓国のホワイト国除外が閣議決定されました。 政令改正は7日に公布し、28日に施行する とのことです。

これほど毅然と日本政府が韓国政府へ対応した事例はこれまでになかったのではないでしょうか?

それほど日本政府は現在の韓国政府へ強い不満を持っている証なのかもしれません・・・。またパブリックコメント 4万666件 のうち、実に95%が賛成、反対は1%のみというのも異例のことなのかもしれません。

国家間の争いが貿易に影響することを改めて感じさせられる問題であり、貿易業に携わるものとして貿易業のリスクを再認識する出来事でもあります。

私は実務者として早期にこの問題が解決されることを願うばかりです。

関連記事

  1. ホワイト国とはどのような国なのか?

  2. 韓国への半導体材料など3品目の輸出許可について