輸出入手続き、ワンストップ代行。

輸出入の法的手続き

 輸出入に係る行政審査を受けるうえで大切なことは「事実をわかりやすく書面化する」ことです。
 事実(書面)を積み上げることで審査官も安心して許認可を出すことができます。このプロセスを間違えると審査に無駄な時間がかかってしまいます。
 私どもは、これまでの10年以上の経験をもとにスムーズな行政審査対応を行ってまいります。

icon2

輸入に関して

 輸入手続きは「日本国内に物が入る」手続きです。
このため、行政審査官は間違った物が日本国内に入ってこないかを細心の注意をもってチェックしています。
 審査官が日本国内に入っても大丈夫だと思える事実(書面)を提示することが大切です。

icon24

輸出に関して

 輸出手続きは「日本から物を海外へ出す」手続きです。
このため一般的には輸出品に対するチェックは厳しくありません。しかし、輸出貿易管理令やバーゼル条約等で規制されている「他国又は自国に害を及ぼすおそれのある物」に関しては、
行政の審査が厳しくなります。また受け入れ国は「物が入ってくる手続き」になりますので、審査が厳しくなります。
 行政審査への適切な書類を作成することにより審査をクリアできます。

icon21

その他お問合せ

 その他、お困りのことがあればお気軽にご相談ください。